モバイルVR向けサービスを提供する株式会社ワンダーリーグがGear VR向けアプリの調査結果を発表

   

Gear VRとはVRデバイスの一つです。

今回の調査ではユーザーから支持されているアプリをカテゴリー別で集計しました。

分析結果

最も多いアプリのカテゴリーは「ゲーム」で36.0%、そして「ギャラリー」が24.6%、「アプリ」が18.4%でした。

ゲームカテゴリーでもっとも人気のあったカテゴリーはシューティング系で、22.1%。次にアクション20.6%。パズル17.6%

シューティング系とアクション系はやっぱり人気ですね。

体験スポットでも必ず長蛇の列ができています。

マネタイズの種類としては無料アプリ51.6%、有料アプリの比率は48.4%、従量課金は0%
通常のアプリのマネタイズの主流である従量課金はモバイルVRには不向きなことから採用されていない様子。

有料の最も多い価格帯は290円で32.8%、490円 21.5%、190円で12.8%に
290円と190円の価格帯でほぼ半分を占めるなど、低価格アプリが多い印象。

ゲームアプリに見る有料の最も多い価格帯は290円で31.8%、490円で24.2%、990円で12.7%
今後は優良タイトルの増加が想定され990円などの高額比率が高まるものと予想されています。

290円しか課金しない人が、990円課金するとは今はちょっと考えにくいですが、ぼくを含めて素晴らしいコンテンツがあればお金って払いたくなるもの。

この調査では年齢的な部分が記載されていなかったので、年齢別に、どんなカテゴリーのVRコンテンツが人気があるのか?個人的には知りたいです。

参考:http://www.sankeibiz.jp/business/news/170323/prl1703230932019-n1.htm

 - VIVE