HTC Creative Labsがクロスプラットフォーム対応VRビデオプレイヤー「Vive Video」をSteamからリリース!

   

3月21日、HTC Creative Labsはクロスプラットフォーム対応VRビデオプレイヤー「Vive Video」をSteamからリリースしました!

HTC VIVEはもちろん、Oculus Rift、そしてOSVRにも対応しています。

この「Vive Video」はすでにViveportからもリリースされていて、このViveport版のVRプレイヤーも、最近のアップデートによってOculus Touchに対応するようになったみたいです。

魅力としては360°動画が視聴可能のほか、2D、3D、180°動画にも対応していて、まさにバーチャル・ホームシアターとして機能するように設計されているところです。

また、Steamからリリースされたことによって、プレイヤーは複数のコンテンツ・プラットフォームから利用でき、複数のVRヘッドセットに対応した本当の意味で「クロスプラットフォームな」VRコンテンツになりました。

ホームシアターってかっこよくて誰もが憧れるけど、デメリットとして場所をとるところがあげられます。

場所をとらずに、自宅でホームシアター気分を味わえるならうれしいですね!

参考:http://vrinside.jp/news/vivevideo_steam_release/

 - VIVE