親がちゃんと理解しよう!VRで子供が斜視になる危険性について!

   

子供から大人にまで人気のVRですが、僕たちを驚かせてくれるだけじゃないんです。

今回伝えるのはVRの危険性について。ぼくが調べた内容を伝えるだけなので、医学的な根拠はありません。

VRデバイスは13歳未満の子供は利用しないでくださいみたいな注意書をよくみますよね。体験スポットでも、何歳以上じゃないとダメです!とか。

あれは斜視の危険性があるからみたいです

斜視です

子供は立体視細胞の形成途中で外的要因の影響を受けやすいらしく、特殊な目の動きを強要されるVRデバイスでのコンテンツ視聴をこの年頃の子供が行うと斜視になる危険性が大人より高いみたいです。それも治すためには外科手術も必要といわれています。

実際に、VRを体験した後って、終わったあと目が疲れているような感覚をあじわったことありませんか?それが斜視につながるそうです。

お子さんをもつ親御さんはいくら子供がほしい!とおねだりしてきてもちゃんと言い聞かせるようにしましょう。

あと、お年玉で小学生がVR製品を購入しようとしたら、販売員の方はちゃんととめてあげてほしいです。

 - VIVE