もうフリック入力は古い!これからはSWiM入力の時代がくる!

   

スマホをはじめてもった時に入力に苦戦したのを覚えています。

これなら、ガラケーの方がはやいじゃねーか!とイライラしていました。

しかし、友人にフリック入力を教えてもらってからは、もうガラケーには戻れねーな!なんて思ってました。

音声入力はまだ誤認識もあるし、電車の中とか人が周りにいる場合は使いづらいですよね。

今回紹介するのはセントアンドリュース大学の大学院生が、開発した入力方法。

SWiM(Shape Writing in Motion)です。

どんな入力方法かというと、端末の傾きを利用して入力する方法らしい。スワイプのイメージなんですけど

指をバカみたいに、動かす必要なく、スマホの傾きを利用して入力するみたいです。

この方法で入力したところ、1分に32単語入力できたそうです。たぶん、かなりすごいと思います。なれればもっと早くなると思います。

なれればすごく楽になりそうだけど、満員電車とかだとぶつかったりして、ちょっと隣の人に怒られちゃいそうですね。

 - VIVE