アメリカのスタンフォード大学の小児科が展開する3つのVRプロジェクトの狙い

   

アメリカのスタンフォード大学の小児科病院がVR
テクノロジーを利用し、三つのプロジェクトを展開中とのこと。

以下、プロジェクト概要

1、Stanford Virtual Heart

生まれつきの病気が赤ちゃんの心臓で発見された場合、医師は赤ちゃんの保護者にその病気を説明しなければなりません。

保護者は子供の病気はしっかりと理解したいという思うけど、医学に関しては素人であるためどうしても浅い部分での理解で終わってしまうそう。

そこで活躍するのがこのプロジェクト。保護者にVRヘッドセットを付けてもらい、心臓のVRモデルを3Dで見てもらい、腫瘍などの心臓の悪い部分まで視点を持っていくことで、どこがどのように悪いのかをバーチャルの心臓を持ってして理解してもらうことが狙いです。

2、Project Brave Heart

8歳以上の患者の病気によるストレスや不安を減らすため、リラックスするためのテクニックを学んでもらうというプロジェクトです。

3、手術の説明

このプロジェクトは、患者やその親族にVRヘッドセットを付けてもらうことで、3-Dでわかりやすく手術の手順やルートを理解してもらったり、患者にはCTやMRIスキャンを使う際に起こすべきアクションなどを教えるというプロジェクトです。

●Children’s Heart Centreのドクターのコメント
「私たちはシリコンバレーに身を置いているため、この業界の先駆者という理想的なポジションに立たせてもらっており、このVRという最先端の技術を扱う会社とパートナーを組んでいます。
そういったパートナーやサポーターの皆さんのおかげで、スタンフォードの枠を超え医療業界全体に実施レベルで提供できるほどになりました。これこそが最高水準の技術です。」

こうした試みから未来ある子供たちの多くの治療に役立てばいいと思います。

参考:http://vrinside.jp/news/vr_lucile-packard-childrens-hospital-stanford/

 - VIVE