SIEの吉田修平さんがPSVRの品薄状況や今後の展望について語ってくれました

   

吉田修平さんとはソニー・インタラクティブエンタテイメント(SIE)でゲーム開発のキーパーソンとして活躍しているとってもすごい方です。PSVRの産みの親です

吉田さんいわく、当初考えていた数字より、ずっと好調に売れていて、新しいジャンルの商品なので需要が読み切れなくて出荷数がおいついていないとのこと。

もう少し気長に待ちましょうということですね。

ただ、今後の展開として、2017年5月には海外向けにFPS(1人称視点シューティング)『Farpoint』(日本発売未定)が発売。

また、ファイナルファンタジー15のVR対応コンテンツ配信も予定されているとのこと。

とくに、シューティングゲームで活躍する周辺機器のエイム(銃型)コントローラーを使うと非常に臨場感が増すそうです

どんなものなのかわかりませんが、これは楽しみですね

現在PSVR同様に品薄が続いている、PSMoveも増産を進めているので待っていてほしいとのこと。

とりあえず今は2017年3月3日に発売された『Horizon Zero Dawn』がお勧めだそうです。機械獣に支配された未来の地球で冒険するハンティングアクションで、次から次にクエストが発生し、止め時を失うくらい熱中してしまう。吉田さんも最終版を20時間くらい遊び続けてしまい、仕事に差し支えそうになって、あわてて封印したくらいだそうです(笑)

ゲームの他にも360度動画が無料で楽しめる『Littlstar VR Cinema』では、ミュージカル『ライオンキング』の一部を様々な角度から、臨場感たっぷりに視聴できたりと、楽しみなコンテンツが盛りだくさんなので、今後も新しい情報が入り次第、ここで紹介したいと思います!

参考;http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/event/15/022700107/030700004/?rt=nocnt

 - VIVE