予算1億3000万!小池百合子知事がVR災害体験車の導入を発表!

   

いつ起きるかわからない巨大地震、数年後か、今日なのか明日なのか、こればっかりはわかりません。

備えあれば憂いなし

東京都の小池百合子知事はVRの災害体験者の導入を全国で初めて導入すると発表しました。

来年度の予算案で1億3000万を盛り込むそうです。

たしかに、東北大震災の時、ぼくは東京にいましたが何もできませんでした。

体験者には振動や熱、においなどを発生する座席を設置したり、3D映像を映し出すゴーグルを装着することで震災や、火災、水害の現場に居合わせたリアルな災害時の体験ができるみたいです。

国民が汗水たらして働いて稼いだお金をこういう風につかってもらえるとうれしいですね

参考:http://www.jiji.com/jc/article?k=2017011000872&g=soc

 - VIVE