オートデスクが「Autodesk University 2016」で4種類のVRデモ体験を実施

   

Autodesk(オートデスク)は、「Autodesk University 2016」(2016年11月15~17日、米国ネバダ州ラスベガス)の展示会場で、製品設計や製造プロセスといったエンジニアリングにVRを生かすための体験型デモンストレーションを実施しました。

公開された体験型デモの詳細

①工場の製造ライン設計のシミュレーター。

VRを使って製造ラインを設計し、製造ラインの管理もVRで行う未来の工場をイメージしたデモで、ロボットによるセル生産ラインを内側や外側、上側から確認できます。

②VR空間におけるモデリング。

これは将来的な設計者の姿として、VR空間の中で設計対象の実サイズなどを感じながら設計を行うようになることをオートデスクが想定しているためのデモです。

③VR空間における体験学習のデモ。

VR空間での体験学習は、製造業などでも既に実用的な利用が想定されていて、このVRのデモは全てStingrayで作成されている。専門家しか扱えないプログラミングではなく、Stingrayのようなオーサリングツールで作り出せることを訴えることが展示の最大の狙いになっていたそうです。

④VR空間で複数人が同時参加できる自動車のデザインレビューのデモ。

自動車向けのデザイン支援ツールである「VRED」を使って、モデリング中の3DデータをVR空間内に表示できる。このVR空間でのデザインレビューは、ネットワーク経由で遠隔地からも参加できる。デモのシステムは同時に3人まで参加可能だったが、ハードウェアの処理能力を高めればよりもっと多くの人数を参加させられるといわれています。

今回は設計や製造に関してのデモでしたが、今後こうした技術が多く導入され、もっとVRの可能性が広がればいいと思います

参考:http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1611/28/news048.html

 - VIVE