業界初!3D仮想試着システムでスーツ選びが楽しくなる!

   

スーツ選びって大嫌いなんですよ。

僕みたいな普通体系の人間には既成品じゃ足の丈があまったり、ウエストを調整しなくちゃいけないんです。

そして、イケメンでもなんでもないのでバシッと似合うスーツがなかなかみつからないので試着の回数がめちゃくちゃ多くなるんです。

しかも高いですしね。

そんな消費者の想いを汲んでリリースされたのが「洋服の青山」や「ザ・スーツカンパニー」などを展開する青山商事が展開する、「バーチャルフィッティングアバターシステム」

タブレット端末で3D撮影し、アバターを作成し、スーツやシャツ、ネクタイ、靴の着せ替えができるもの。

360°確認でき、いちいち服を脱がなくても試着後のイメージが確認できるんです。

めちゃくちゃ便利ですよね。

しかもイタリアや、イギリス、日本の生地のトップブランドと提携しており、高品質な商品が提供できるそうです。

今は全国の13店舗で導入されていますが、これから導入店舗も増えると思うのでスーツ選びが楽しくなりそうです!

参考:http://panora.tokyo/15428/

 - VIVE